Blog

土本製陶所 スープカップ[ 2019年09月10日 ]

今日は、土本製陶所さんのスープカップのご紹介です。

 

IMG_3838

土本製陶所 スープカップ ¥2500+税

 

具沢山のスープもたっぷり入りますよ。

 

スープカップとしてはもちろん

お鍋の時の取り鉢にしたり

シリアルボウルやサラダボウルとして

お使い頂いても良さそうですよ。

 

ぜひお手に取ってご覧になって下さい。

 

同じ白と貫入シリーズで

ケーキ皿や輪花鉢も届いておりますので

合わせてご覧下さい。


お問い合わせはこちら

土本製陶所 ご飯茶碗[ 2019年09月09日 ]

今日は、夏に戻ったような真夏のような暑さですね。

いらっしゃるお客様みなさんの一言目が

「あっついですねーー」と…(笑)

暑い中お越し頂きありがとうございます。

 

さてさ、先日土本製陶所さんから持ち帰った中から

今日はご飯茶碗のご紹介です。

 

IMG_3822

 

IMG_3825

土本製陶所 ご飯茶碗 ¥2000+税

 

少し小ぶりですので、女性やお子様にちょうどいい大きさです。

深さや口径のバランスが絶妙で、とてもお使い頂きやすい形だと思います。

ぜひ手に取ってご覧になって下さい。

 

色、柄がどれも1点ずつの入荷ですので、

気になるものがございましたらお早めにどうぞ。


お問い合わせはこちら

土本製陶所 おひつ[ 2019年09月06日 ]

土本製陶所さんから持ち帰ったものその1

 

去年とても人気だったおひつ!

余ったご飯は、おひつに入れて冷蔵庫で保存し

食べる時に、そのまま電子レンジで温めれば

調湿効果によって炊きたての美味しさに戻ります。

 

IMG_3614

土本製陶所

おひつ ¥4000+税 / 飯碗 ¥2000+税

 

炊飯器で保存しておくと、水分が減って硬くなり

色や匂いも変わってしまうので、おひつでの保存お勧めです。

 

ご飯茶碗も持ち帰ってきましたよ。

少し小ぶりなので、女性の方にちょうどいい大きさです。

 

ぜひご覧下さい。

土本製陶所 おひつをオンラインショッピングで購入する


お問い合わせはこちら

四日市へ![ 2019年09月05日 ]

昨日の定休日、お世話になっている土本製陶所さんの工場へ

お邪魔してきました。

 

せっかくなので、近くにできたかもしか道具店さんのお店にも寄ってきました。

できたと言っても随分と前の事なのですが…。

なかなかスケジュールが合わずで…

やっと行くことができました!

 

IMG_3564

 

かもしか道具店とは、有限会社 山口陶器という窯元が

立ち上げたオリジナルブランドなんです。

 

オリジナルブランド以外の器も作っていらっしゃるので、

お店に行くと「かもしか道具店」以外の商品も並んでいました。

もちろん購入も可能ですよ。

 

IMG_3557

 

IMG_3558

 

IMG_3561

 

機会がありましたら、ぜひ足を運んでみて下さい。

こんなに大きな看板なのに迷ってしまいました(笑)

 

そして土本製陶所さんへ!

 

IMG_3568

 

IMG_3570

 

IMG_3577

 

来週にはせともの祭が控えている事もあり

みなさん製作に励んでおられました。

お忙しいところお邪魔させて頂きありがとうございました。

 

IMG_3572

 

IMG_3566

 

土本製陶所さんへお邪魔すると

いつもお忙しいのに丁寧に対応をして下さるんです。

作業場や製作風景を見せてくれたり、

未来のお話を聞かせてくれたり、

それはそれは勉強にもなりますし、刺激にもなり励みにもなります。

私ももっと頑張らなきゃなぁ…と。

 

IMG_3582

 

土本製陶所さんから、土鍋や耐熱の器など

色々持ち帰ってきましたので、また改めてご紹介したいと思います。

店頭にはもう並べておりますので、ぜひご覧下さいね。


お問い合わせはこちら

9月の営業予定[ 2019年09月02日 ]

9月の営業予定です。

 

9

 

6日(金)は、野球母さんのため16時までの営業となります。

ご迷惑をお掛け致しますが、どうぞよろしくお願い致します。


お問い合わせはこちら

松岡賢司さんの器 新入荷![ 2019年08月31日 ]

お待たせいたしました!

松岡賢司さんのカップ&ソーサーがたくさん届きましたよ!

 

今回は、co so a do.では初入荷のカップ&ソーサーがいくつかあります。

 

まずは、松岡さんお勧めの赤土にチタン結晶釉がかけられた

網目模様と麻の葉模様のカップ&ソーサーです。

 

どことなく金属っぽい雰囲気があったり

雪や冬をイメージさせる雰囲気があったり

見る人によっていろんな印象を受ける

とても面白い表情をしています。

 

IMG_3405

 

私のお勧めは、青瓷のカップ&ソーサーです。

 

IMG_3414

 

艶のある少し青味がかった色は、とても落ち着いた品のある雰囲気で素敵です。

色違いで揃えて頂いても素敵ですよ。

手前から青瓷、白土チタン結晶、赤土チタン結晶。

 

IMG_3455

 

また、co so a do.限定で作って頂いている縞カップ&ソーサーも届いております。

今回は、黒マットと黄瀬戸の2色をご用意して頂きました。

 

IMG_3427

松岡賢司 カップ&ソーサー 各¥3000+税

 

どのカップ&ソーサーも

お求めになりやすいお値段に設定して下さっています。

ぜひこの機会にいかがでしょうか。

 

今晩21時よりwebshopにも掲載予定にしておりますので、

よろしければご覧になって下さい。


お問い合わせはこちら

よしざわ窯 新入荷![ 2019年08月30日 ]

お待たせいたしました。

よしざわ窯さんの器達が入荷してまいりました!

 

IMG_3365

 

IMG_3372

 

小皿や小鉢、スープボウルなどなど

白い器がいろいろと届きました。

 

白い器でもお花をモチーフに作られていたり

リムがひらひらとっとデザインされていたり

どれも特徴のある器達です。

 

ぜひご覧下さい。


お問い合わせはこちら

手乗りサイズの土鍋[ 2019年08月26日 ]

朝晩は随分と過ごしやすくなりましたね。

お昼間の暑さも和らぎ、段々と秋が近づいて来た感じがします。

 

お店の中も少し秋モードに!

まずは、手乗りサイズの小さな土鍋が届きました。

 

IMG_3275

 

STUSIO M’  ラグー(S) ¥3000+税

 

一人分にちょうどいいサイズです。

煮込み料理にお使い頂いたり、ご飯も炊けちゃいます(1合弱)

 

お鍋として調理もして頂けますが、ちょっと使いこなすのが難しいわという方は、

使い慣れたお鍋で調理したものを盛り付けて、器としてお使い頂いてもGOOD!

カフェのような素敵な食卓になりますね。

 

実際に、この土鍋を使って煮込み料理を出しているカフェがありました。

とっても美味しそうでしたし、とても可愛かったです。

 

IMG_3280

 

白と茶の2色ご用意しております。

 

白は、初めは真っ白ですが、使っていくうちに少し焦げて来たり、

お料理の色が染みたり、多少色の変化が感じられます。

予めご了承ください。

 

その点、茶色は多少焦げても目立たないので

色の変化が気になる方は茶色をお勧めします。

 

手乗りサイズの土鍋をオンラインショッピングで購入する


お問い合わせはこちら

webshop 新着商品[ 2019年08月24日 ]

今晩21時よりwebshopを更新予定にしておりますので、

よろしければご覧下さい。

 

IMG_3239

鈴木雄一郎 やさしい器 こどもカレー皿 ¥3200+税

 

鈴木雄一郎さんと言えば、この胴部分が少し内側に向けて立ち上がった

やさしい器シリーズの器達!

 

片手でもすくいやすいように設計されているんです。

 

小さなお子様でも一人でこばさずに食べれますし、

怪我などで片手が不自由な時にも活躍してくれます。

 

IMG_3271

 

お子様が大きくなり、食べる量が増え、お皿が小さく感じたら

煮物などを盛り付けて煮物鉢としてお使い頂いてもいいですね。

 

ライトグリーン、シェンナ、ハニーストーンの3色ご用意しております。

 

IMG_3223

 

IMG_3234

鈴木雄一郎 マグカップ ¥2500+税

 

コロンとした形が可愛いマグカップもございますよ。

両手で包み込むように持つと、ちょうど手に馴染む大きさで

お使い頂きやすいサイズ感です。

 

こちらは、ホワイト、グレー、シェンナの3色ご用意しております。

 

ぜひご覧下さい。

 

 

webshop 新着商品をオンラインショッピングで購入する


お問い合わせはこちら

中林範夫さんの器いろいろ[ 2019年08月20日 ]

京都の五条坂陶器まつりで、中林範夫さんから

少し分けて頂いた器をご紹介。

 

新色のブルーの器をいろいろと分けて頂きました。

 

IMG_1517

 

7寸ラウンドプレート ¥3600+税

8角鉢 ¥3200+税

マグカップ ¥3200+税

一輪挿し ¥1800+税

 

IMG_1523

 

一度白い釉薬を掛けた上に青い釉薬を掛けるのですが、

そのままだと青い色が発色良く、キツく感じるので

青い釉薬の上からまた白い釉薬が掛けられてるんですね。

 

さらに、マグカップや鉢の縁の部分が少し濃く見えるのは、

少し表情が出るように、わざわざその部分だけに青い釉薬を

掛け足しているそうです。

 

また、エッジ部分に土の色が見えるように、

一度掛けた釉薬を軽く拭き取っているんですね。

 

IMG_1529

 

製作工程のお話を聞いてると、

このブルーの器は、本当に手間のかかった器だなーと思いました。

 

だからこそ、このなんとも言えない奥深く味わいのある色に仕上がっているんですね。

 

ぜひ一度お手に取ってご覧頂きたいと思います。

 

作家様のご希望により、webshopでの販売はございません。

店頭のみの販売となりますが、気になる物がございましたら

お気軽にお問合せ下さい。

通販の対応させて頂きます。


お問い合わせはこちら

このページのトップへ